web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

風蕭蕭として易水寒く 壮士一たび去りて復た還らず

本文(書き下し文):
風蕭蕭として易水寒く 壮士一たび去りて復た還らず

読み:
かぜしょうしょうとしてえきすいさむく そうしひとたびさりてまたかえらず

通釈:
風蕭蕭として易水寒く 壮士一たび去りて復た還らず(風がもの寂しく吹いて、易水は冷たく、壮士はひとたび去れば、それっきり戻らない)

出典:
新釈漢文大系 89 史記 九(列伝 二)』437ページ

新釈漢文大系 89 史記 九(列伝二)

 

ポイント
「刺客列伝」のうち、荊軻伝の部分より。燕の太子丹から秦王暗殺を依頼された荊軻が、易水のほとりで見送る者たちに別れを告げる際に作った歌。この易水の別れの場面は、「史記」の中でも劇的な名場面とされる。荊軻は結局、暗殺に失敗し、殺されてしまう。

バックナンバー

ランキング

お知らせ

  1. 明治書院 社長ブログ
閉じる