web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

衛人、牛耳を執らんと請ふ。

本文(書き下し文):
衛人、牛耳を執らんと請ふ。

読み:
えいひと、ぎゅうじをとらんとこう。

通釈:
衛の人は(晋の大夫に)牛耳を執ってほしいと申し出た。

出典:
新釈漢文大系 33 春秋左氏伝 四』1688ページ

新釈漢文大系 33 春秋左氏伝 四

 

ポイント
後世、「牛耳を執る」は盟約の主導権を取る意に用いられるが、元来、諸侯の盟約で、牛耳を執るのは小国であったという。

タグ

バックナンバー

ランキング

お知らせ

  1. 明治書院 社長ブログ
閉じる