web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

子夜呉歌 秋歌(李白)

本文(書き下し文):
子夜呉歌 秋歌

長安 一片の月
萬戸 衣を擣つ聲
秋風 吹きて尽きず
総て是れ玉関の情
何れの日にか 胡虜を平らげ
良人 遠征を罷めん

 

現代語訳(全文):
子夜呉歌・秋歌

長安の夜空にかかる一片の月、
 家家から聞こえる衣をうつ音。

秋の風は吹きやむことなく耳に届かせるが、
 それはすべて玉関門の人を思いやる心。

いつになったらえびすを平らげて、
 あなたは遠いいくさからお帰りでしょか。

 

出典:
新釈漢文大系 詩人編4 李白 上

新釈漢文大系 詩人編4 李白 上

 

ポイント
もと晋代、子夜という名の女性が作った歌。後にこれに基づいて多くの詞が作られ、また「四時歌」として春夏秋冬をうたい分けるようになった。もと五言四句であったが、李白の作は六句にアレンジする。

タグ

バックナンバー

関連書籍

ランキング

お知らせ

  1. 明治書院 社長ブログ
閉じる