web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

君子は遠き慮り有り、小人は邇に従ふ。

本文(書き下し文):
君子は遠き慮り有り、小人は邇に従ふ。

読み:
くんしはとおきおもんぱかりあり、しょうじんはちかきにしたがう。

通釈:
君子は遠い先を深く考えるものであり、小人は目前のことしか考えないものだ。

出典:
新釈漢文大系 32 春秋左氏伝 三』1130ページ

新釈漢文大系 32 春秋左氏伝 三

 

ポイント
『論語』衛霊公篇にも「人、遠き慮り無ければ、必ず近き憂ひあり。」とある。

バックナンバー

閉じる