web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

上善は水の如し。

本文(書き下し文):
上善は水の如し。

読み:
じょうぜんはみずのごとし。

通釈:
最上の善は、譬えて見ると、水のようなものである。

出典:
新釈漢文大系 7 老子・荘子 上』23ページ

新釈漢文大系 7 老子・荘子 上

 

ポイント
水は万物に利益を与えていながら、円い器に入れば円くなり、四角な器に入れば四角になるといったように、決して他と争わない。
言わずと知れた日本酒名にも使われていますね。「どんな料理にも合う」「ビギナーにも楽しんでいただけるお酒」(白瀧酒造株式会社さまホームページより)だそうです。

バックナンバー

ランキング

お知らせ

  1. 明治書院 社長ブログ
閉じる