web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

阮籍青眼

本文(書き下し文):
籍は礼教に拘らず、能く青白眼を為す。礼俗の士を見れば、白眼を以て之に対す。

読み:
せきはれいきょうにかかわらず、よくせいはくがんをなす。れいぞくのしをみれば、はくがんをもってこれにたいす。

通釈:
籍は道家の自然を好み、礼法の教えにはかかわらず、よく白眼と黒目とを使い分けた。則ち、礼儀にこだわる俗人に会えば、白眼でこれに対するのである。

出典:
新釈漢文大系 59 蒙求 下』1041ページ

新釈漢文大系 59 蒙求 下

 

ポイント
「阮籍青眼(げんせきせいがん)」より。阮籍は竹林の七賢のひとり。「青眼」は、よろこんで見る意、「白眼」は冷たく睨みつける意。兼好も「徒然草」170段で、「阮籍が青き眼、誰もあるべきことなり。」と、共感を示している。

バックナンバー

閉じる