web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

太史公曰く、五帝・三代の記、尚し。…

本文(書き下し文):
太史公曰く、五帝・三代の記、尚し。殷より以前、諸侯得て譜す可からざるも、周以来、乃ち頗る著らかにす可し。 

読み:
たいしこういわく、ごてい・さんだいのき、とおし。いんよりいぜん、しょこうえてふすべからざるも、しゅういらい、すなわちすこぶるあきらかにすべし。

通釈:
太史公曰く、五帝・三代の記録は、はるか遠くで明らかでない。殷より以前は、諸侯については系譜はつまびらかではないが、周以後は、ようやくかなり明らかにすることができる。

出典:
新釈漢文大系 40 史記 三上(十表 一)』1ページ

新釈漢文大系 40 史記 三上(十表 一)

 

ポイント
この巻には、十表のうち、三代世表第一~漢興以来諸侯王年表第五を収録する。掲載の文は、「三代世表」の冒頭。「三代世表」は、五帝の時代から夏・殷・周三代の年表である。

バックナンバー

ランキング

お知らせ

  1. 明治書院 社長ブログ
閉じる