web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

夜宴左氏荘(杜甫)

書き下し文:
夜 左氏の荘に宴す

現代語訳(全文):
夜、左氏の別邸における宴

風ばめる木々の向こうに細い月が沈み、
 衣は露に濡れ、清らかな琴(きん)の糸が張られる。

暗がりを流れる泉水は花香る小道を縫い、
 春の星は草堂をそっと包む。

書物を吟味しているうちに蠟燭も細り、
 刀剣を閲(けみ)しながら酒杯をおもむろに引き寄せる。

詩の披露が終わって呉の歌の詠唱を聞く。
 かの地を小舟で旅した時のことは今も胸にのこる。

出典:
新釈漢文大系 詩人編6 杜甫 上

新釈漢文大系 詩人編6 杜甫 上

 

ポイント
貴人の宴に陪席した詩。細い月が沈む日暮れ時、饗宴は庭から始まる。闇が深まり、視覚に代わって、足下を流れる水の音、咲き乱れる花々の香りといった聴覚と嗅覚のみで情景を捉える。

タグ

バックナンバー

関連書籍

ランキング

お知らせ

  1. 明治書院 社長ブログ
閉じる