web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

頭を挙げて山月を望み 頭を低れて故郷を思ふ

本文(書き下し文):
頭を挙げて山月を望み 頭を低れて故郷を思ふ

読み:
こうべをあげてさんげつをのぞみ こうべをたれてこきょうをおもふ

通釈:
頭を挙げては山上の月を仰ぎ、頭を垂れては故郷のことを思い続ける。

出典:
新釈漢文大系 19 唐詩選』606ページ

新釈漢文大系 19 唐詩選

 

ポイント
李白の詩の中でも最も有名な作品の一つ「静夜思」の第3・4句。高等学校教科書でも定番。望郷の念を対句に込めている。

 

バックナンバー

ランキング

お知らせ

  1. 明治書院 社長ブログ
閉じる