web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

人の性は悪、其の善あるものは偽なり。

本文(書き下し文):
人の性は悪、其の善あるものは偽なり。

読み:
ひとのせいはあく、そのぜんなるものはいなり。

通釈:
人間の生まれたままの本性は(放任して置けば)必然的に悪(即ち人間関係が妥当でない)という結果を齎すものであって、その善(即ち人間関係が妥当する)というのは人為的努力を加えた結果である。

出典:
新釈漢文大系 6 荀子 下』687ページ

新釈漢文大系 6 荀子 下

 

ポイント
「人の本性は悪である」ということではないんですね。

バックナンバー

ランキング

お知らせ

  1. 明治書院 社長ブログ
閉じる