web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

日月の逾え邁くを惟い、河の清むを俟つに其れ未だ極らず。…

本文(書き下し文):
日月の逾え邁くを惟い、河の清むを俟つに其れ未だ極らず。冀わくは王道の一たび平らかになりて、高衢を仮りて力を騁せんことを。

読み:
じつげつのこえゆくをおもい、かのすむをまつにそれいまだいたらず。こいねがわくはおうどうのひとたびたいらかになりて、こうくをかりてちからをはせんことを。

通釈:
月日が過ぎ去って帰らないというのに、太平の世を待つ私の願いは満たされていない。願わくは、王道が実現された世に出会い、その政治に参加して、力を振るいたいものだ。

出典:
新釈漢文大系 80 文選(賦篇 中)』229ページ

新釈漢文大系 80 文選(賦篇 中)

 

ポイント
王粲(177~217)作の「登楼賦」の一節。作者が戦乱を逃れ、荊州の劉表のもとに身を寄せていた時期の作。王粲は、この後、曹操の幕僚として活躍した。

タグ

バックナンバー

ランキング

お知らせ

  1. 明治書院 社長ブログ
閉じる