web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

亀鶴の年

本文(書き下し文):
借問す蜉蝣の輩、寧んぞ亀鶴の年を知らん。

読み:
しゃくもんすふゆうのはい、いずくんぞきかくのとしをしらん。

通釈:
「かげろう」のごとくはかない(短命の)世人に問うてみるが、つるかめのごとき長寿なる仙人の趣を何とて知ろうか(わかるまい)。

出典:
新釈漢文大系 14 文選(詩篇 上)』148ページ

新釈漢文大系 14 文選(詩篇 上)

 

ポイント
鶴は千年、亀は万年。

 

バックナンバー

ランキング

お知らせ

  1. 明治書院 社長ブログ
閉じる