web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

歳月は人を待たず。

本文(書き下し文):
歳月は人を待たず。

読み:
さいげつはひとをまたず。

通釈:
歳月は人を待ってはくれず、忽ち去って行くものである。

出典:
新釈漢文大系 9 古文真宝(前集 上)』117ページ

新釈漢文大系 9 古文真宝(前集) 上

 

ポイント
陶淵明「雑詩」という詩の一節。
盛年重ねて来らず、一日再び晨なり難し。時に及んで當に勉励すべし、歳月は人を待たず。

バックナンバー

ランキング

お知らせ

  1. 明治書院 社長ブログ
閉じる