web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

胡馬は北風に嘶き、越鳥は南枝に巣ふ。

本文(書き下し文):
胡馬は北風に嘶き、越鳥は南枝に巣ふ。

読み:
こばはほくふうにいななき、えっちょうはなんしにすくう。

通釈:
胡の馬は北風に向かっていななき、越地の鳥は南の枝を求めて巣くうと申します。

出典:
新釈漢文大系 60 玉台新詠 上』65ページ

新釈漢文大系 60 玉台新詠 上

 

ポイント
『文選』収載「古詩十九首」(作者不明)の第一首「行行重行行」の第7・8句。『玉台新詠』では枚乗作としている。古来、五言詩の最古のものとされる。

バックナンバー

ランキング

お知らせ

  1. 明治書院 社長ブログ
閉じる