web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

六国従合

本文(書き下し文):
六国従合す

読み:
りくこくしょうごうす

通釈:
六国は合従して秦に当たることになった。

出典:
新釈漢文大系 20 十八史略 上』111ページ

新釈漢文大系 20 十八史略 上

 

ポイント
戦国時代、遊説家の蘇秦の策により、六国(燕・趙・楚・韓・魏・斉)は、強大な秦に連合(合従)して対抗することになった。「鶏口牛後」の出典。

 

タグ

バックナンバー

閉じる