web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

嚮明而治(元号「明治」)

本文(書き下し文):
聖人、南面して天下を聴き、明に嚮ひて治む。

読み:
せいじん、なんめんしててんかをきき、めいにむかひておさむ。

通釈:
聖人が南面して明に向かい天下の政治を処理する。

出典:
新釈漢文大系 63 易経 下』一七〇六ページ、「説卦伝」第五章第二節

新釈漢文大系 63 易経 下

 

ポイント
「説卦伝」第五章第二節は、八卦の方位と場所を説く。

タグ

バックナンバー

関連書籍

ランキング

お知らせ

  1. 明治書院 社長ブログ
閉じる