web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

兼愛説

本文(書き下し文):
若し天下をして兼て相愛し、人を愛すること其の身を愛するが若くなら使めば、猶お不孝の者有る乎。

読み:
もしてんかをしてかねてあいあいし、ひとをあいすることそのみをあいするがごとくならしめば、なおふこうのものあるか。

通釈:
もし天下の人々をして併せて相愛し、他人を愛することはわが身を愛するようにあらしめたならば、それでもなお不孝の者があるであろうか。

出典:
新釈漢文大系 50 墨子 上』174ページ

 

 http://www.meijishoin.co.jp/book/b98466.html

ポイント
墨子の思想の最大の特色は「兼愛説」である。その主張を端的に述べている部分。

バックナンバー

ランキング

お知らせ

  1. 明治書院 社長ブログ
閉じる