web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

子曰く、言、物有りて行、格有り、是を以て生きては則ち志を奪ふ可からず、…

本文(書き下し文):
子曰く、言、物有りて行、格有り、是を以て生きては則ち志を奪ふ可からず、死しては則ち名を奪ふ可からず。

読み:
しいわく、こと、ものありておこない、のりあり、ここをもっていきてはすなわちこころざしをうばうべからず、ししてはすなわちなをうばうべからず。

通釈:
孔子が言った。その人の言葉には実証があり、行為には原則があるなら、その人の意志は、生きている限り、他人に奪われることなく、死んでからは、その人の良い名を汚すことはできない。

出典:
新釈漢文大系 29 礼記 下』847ページ

新釈漢文大系 29 礼記 下

 

ポイント
「聖人君子」は揶揄の表現になってしまったが、本来は、虚言を吐かず、信念を持って生きている人のことをいうのであろう。

バックナンバー

ランキング

お知らせ

  1. 明治書院 社長ブログ
閉じる