web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

虎の威を仮る

本文(書き下し文):
子敢て我を食うこと無かれ。天帝、我をして百獣に長たらしむ。

読み:
しあえてわれをくらうことなかれ。てんてい、われをしてひゃくじゅうにちょうたらしむ。

通釈:
狐が言うには、「君は、わたしを食べるようなことをしてはいけない。天帝はわたしをなべての獣の長にされたのです。

出典:
新釈漢文大系 48 戦国策 中』552ページ

新釈漢文大系 48 戦国策 中

 

ポイント
「虎の威を仮る」の出典。北方の国々が宰相の昭奚恤を恐れているというのはほんとうかと問う楚の宣王に対して、臣下のひとり江乙が、虎の先を歩く狐の喩えをもって答える場面。実際は王様の軍隊を恐れているのでございますと。

バックナンバー

ランキング

お知らせ

  1. 明治書院 社長ブログ
閉じる