web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

地平天成(元号「平成」)

本文(書き下し文):
地平らぎ天成り、六府三事允に治まり、萬世永く頼るは、時れ乃の功なり。

読み:
ちたいらぎてんなり、りくふさんじまことにおさまり、ばんせいながくたよるは、これなんぢのこうなり。

通釈:
地も天もおだやかに治まり、六府と三事の仕事が本当によく行われたならば、それは末長くまでたよりになるもとで、それこそ汝の功績である。

出典:
新釈漢文大系 26 書経 下』大禹謨

新釈漢文大系 26 書経 下

 

ポイント
府はくら、財貨のあつまるところ。三事、正徳利用厚生のこと。事は政事の事。

タグ

バックナンバー

関連書籍

閉じる