web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

顔回問う。朋友の際わりは如何、と。…

本文(書き下し文):
顔回問う。朋友の際わりは如何、と。孔子曰く、君子の朋友に於けるや、心に必ず非とする有りて、謂うこと、能わざれば、吾其の仁人たるを知らざるなり。久德を忘れず、久怨を思わざるは仁なるかな、と。

読み:
がんかいとう。ほうゆうのまじわりはいかん、と。こうしいわく、くんしのほうゆうにおけるや、こころにかならずひとするありて、いうこと、あたわざれば、われそのじんじんたるをしらざるなり。きゅうとくをわすれず、きゅうえんをおもわざるはじんなるかな、と。

通釈:
顔回が尋ねた。「朋友の交際はどのようにすればよいのでしょうか。」孔子は答えた、「君子が朋友と交際するのに、心の中では相手によくない点があると思っても、それを口に出して注意できなければ、その人は仁人であるとは思えない。昔受けた恩を忘れず、昔の怨みを思い返さない。これは仁であるなあ。」

出典:
新釈漢文大系 53 孔子家語』259ページ

新釈漢文大系 53 孔子家語

 

ポイント
「孔子家語」は、魏の王粛が、「春秋左氏伝」「国語」「孟子」「荀子」「大戴礼」「礼記」等から、記事を集めて偽作したものと言われているが、この部分は他書には見えない。凡人には、なかなかこのような交際はできないものであろう。

タグ

バックナンバー

ランキング

お知らせ

  1. 明治書院 社長ブログ
閉じる