web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

或いは曰く、天道親無く、常に善人に与す、と。…

本文(書き下し文):
或いは曰く、天道親無く、常に善人に与す、と。……余甚だ惑う。儻いは所謂天道是か非か。

読み:
あるいはいわく、てんどうしんなく、つねにぜんにんにくみす、と。……よはなはだまどう。あるいはいわゆるてんどうぜかひか。

通釈:
「天道はえこひいきなく、常に善人に味方するものである。」という意見がある。……私は甚だ当惑する。天道というものはいったい正しいのか間違っているのか。ことによると間違っているのではないか。

出典:
新釈漢文大系 88 史記 八(列伝 一)』36・37ページ

新釈漢文大系 88 史記 八(列伝一)

 

ポイント
司馬遷は、顔淵が貧乏のうちに若死した例、大盗賊の盗蹠が極悪非道な行いをしながら天寿を全うした例を挙げ、行いが正しくない者が一生、楽をし、家も代々栄え、私心を交えず、正しい行いをする人が不幸な目に遇うことは数えきれないと言う。「天道是か非か」、現代も答えは出ていない。

タグ

バックナンバー

閉じる