web国語の窓

明治書院の国語教育webマガジン

MENU

今日の漢文

蛇は固より足無し。子安んぞ能く之が足を為さん。

本文(書き下し文):
蛇は固より足無し。子安んぞ能く之が足を為さん。

読み:
へびはもとよりあしなし。しいずくんぞよくこれがあしをなさん。

通釈:
蛇にはもともと足は無いんだ。お前にどうして蛇の足が描けるものか(描けたらそれは蛇ではない)。

出典:
新釈漢文大系 47 戦国策 上』405ページ

新釈漢文大系 47 戦国策 上

 

ポイント
「蛇足」の出典。楚の昭陽が魏を伐ち、さらに斉を攻めようとするのに対し、遊説の士・陳軫が、蛇の足を描いて、手にした酒を失ってしまう喩えを用い、無駄なことはするべきではないと、進撃を思いとどまらせる場面である。

バックナンバー

ランキング

お知らせ

  1. 明治書院 社長ブログ
閉じる